英会話(名古屋・金山) BRIDGE - 不登校からの留学 保護者の方へ 

不登校からの留学


BRIDGEでは不登校や高校中退をされた方達の
留学のお手伝いをしています

不登校、高校中退の理由には、様々な背景があると思います。
その理由が、ただ単に日本の教育システムに合わないことだったとしたら、せっかく本人が学習意欲を持っていても、学校で学ぶ機会が失われたままになってしまいます。
教育システムが異なる海外では、その子の個性や能力をのびのびと発揮できる環境や学校があるかもしれません。留学は、再出発を考えたとき、大きな選択肢の一つとなります。

海外の教育システムは何が違う??

日本の教育システムは画一的で、ひとつのレールを全員が同じように進むことがあたりまえのようになっています。そのため、考え方や行動が他のみんなと少し違うだけで居心地が悪くなってしまう子もいるのです。それに対し海外では、個人を尊重し、ひとりひとりの個性を生かす教育が行なわれています。その結果、自分の意見をしっかりと主張すること、人と違うことが評価される社会なのです。

留学を通して学べることがたくさんあります

・精神的な自立
海外では、今まで家族にまかせてきた面倒なことを、すべて自分でこなさなければなりません。自分で行動を起こさなければ何も状況は変わらないことを知り、自発的に物事を処理するようになります。その結果、自立心が養われ、そして自己責任のもとに行動できるようになります。

・語学力の向上
留学した場合、日本で外国語を勉強する場合の数倍もの成果が得られます。家族や友達と会話するとき、学校で授業を受けるときもすべてが英語(あるいはその国の言語)です。生きた言葉の中で生活することにより、教科書だけでは学びきれない語学力を身につけることができます。
このことにより、語学力を活かした職業に就くという道も広がります。
また、海外では若い年齢から特殊な分野を学べる学校が日本よりも充実しています。

・多様な価値観を理解する柔軟さが身につく
習慣や生活スタイルの異なる様々な人たち、文化と触れ合うことで視野が広くなり、多様な価値観を理解する柔軟さが身についていきます。広い視野に立って物事が見極められ、責任と自覚を持って行動できるようになります。ますます国際化する社会において、重要視される能力と言えます。

 

また、日本を出てみて、改めて日本の良さに気づいたり、日本での生活が物質的にものすごく恵まれていることを実感したりする子供たちは多いものです。留学先は欧米諸国となる場合がほとんどですが、キリスト教の精神に基づいた行動がとられるため、家族で過ごす時間を今まで以上に大切に思ったり、助け合うことに違和感を覚えなくなることが多いようです。

もちろん、簡単なことではありません

言葉も文化も異なる海外で家族と離れて生活をし、生活の全てが外国語を介することになるのですから、お子様にとって簡単とは言い難い状況でもあります。こうした状況の中で本人がやっていけるのか、留学前にしっかり考える必要があります。

いつでもご相談ください

いきなり長期留学に出すのは、お子様にとっても保護者様にとってもハードルが高く、何かと不安がつきまとうものです。
そこで、私どもは、まずは短期間の留学体験をお勧めしています。
3〜4週間程度のプログラムを通して本来の自分を取り戻したり、留学先で目標を見つけ、帰国後学校に戻り、勉強や部活動に今まで以上に熱心に取り組むようになるお子様もいらっしゃいます。

私どもは、お子様が本来の姿を取り戻し、個性を閉じ込めるのでなく活かすことができることを実感してほしい、と考えています。自分を甘やかしてくれる人のいないところで、自分を見つめ直し、困難に打ち克ちながらも能力や精神力を高めていくことのできる機会として留学をとらえています。