名古屋・金山で英会話や外国語を習うならBRIDGEへ|Sachikoの地球歩き(序章)

英会話(名古屋・金山) BRIDGE - TOPページへ


Discovery

序章 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章 第9章 第10章 第11章 第12章
序章   〜旅の始まりと“BRIDGE”に込めた願い〜
私は、ひどく乗り物に酔いやすい。電車、バス、フェリー、ジェットコースター…、ついでに挙げるなら、馬にロバ(乗り物か?)。自分で運転する車は別として、酔わない乗り物に巡り合ったことなどないのである。その私が「飛行機が離陸する瞬間がたまらなく好き!」と言い放つので、周りの人間は決まってこう尋ねる。「なぜ?」

離陸の瞬間はドラマの始まり。そして「動」を身体で感じるとき。シートにキューンと身体が吸い込まれそうなあの瞬間がたまらなく好きなのだ。私が初めて日本を離れたのは、確か18歳の夏だった。初めての海外、初めての一人旅。握り締めるパスポートは両親に内緒で取得したものだった。

今思えば、かなり大胆な行為だったと思う。私の英語はお世辞にも十分とは言えず、その上行き先はヨーロッパ。どのくらい英語が通じるのか、ということですら考えなかったのだ。当時ヨーロッパに行くには、アンカレッジを経由するか24時間かけて南回りで行くしかなかった。私は当然のように南回り便を利用し、あちこちで飛行機を乗り継いだ。日本から遠くなればなるほど、日本語を耳にしなくなった。聞き慣れない不思議な音やリズムに耳をすませ、彼らの肌の色、服装などから「国籍当てゲーム」を楽しんだ。

一人旅の魅力はなんと言っても現地の人々との触れ合い。「もっと知りたい!」「もっと話したい!」そんな好奇心が、苦手だった英語を上達させる原動力となり、英語が上達すればするほど、私の旅は色彩を増していった。

中近東の砂漠、スリランカの手つかずのビーチ、香港の夜景、北緯60度の地で眺めたオーロラ、ヨーロッパの石畳、ガンジス川で沐浴する人々、ソビエトの崩壊、数々の古代遺跡……。旅の魅力にとりつかれた私は、地球のあちこちを歩き回った。クラスで最低点を取るほど苦手だった英語が、私の世界をここまで大きくしてしまったのだ。

「コミュニケーションの輪を広げ、新しい世界と出会ってほしい」

この思いが、私の教師としての出発点。そして、小・中学校をはじめ各種スクールでの教師経験を活かし、より多くの人々に喜んでもらえる英会話スクールを創りたいという願いから生まれたBRIDGE。

「言葉の向こうに広がる、一回り大きなあなたの世界とあなたの架け橋になりたい」

これがBRIDGEの願い。そして、より多くの皆様の世界が広がることをBRIDGEは夢みています。

1995年9月の創立以来、1,606名の会員の皆様に支えられBRIDGEは成長しました。私たちは常にこの夢を皆様と共有したいと願います。

BRIDGE代表   SACHIKO


先頭に戻る 英会話BRIDGEのHOMEへ移動